ホームへ戻る 卸売市場のご紹介 市場って何?(小・中学生向け) 大将の役立ちレポート 旬の食材で簡単レシピ
とよたの地産地食 市場の利用者様へ 市場カレンダー 場長の日記 アクセスマップ
れたすん
探したいレポートのキーワードを入力して検索ボタンを押してください。
旨い魚=新三嶋寿司!そう思ってもらえる店が目標
自慢の揚げたてあつあつメンチカツ! 愛情たっぷりお肉&お惣菜店
季節の味覚を楽しむ「松茸ランチ」スタート!
笑顔と「ありがとう」の声があふれる店づくり
おいしくて安全な食卓を守る、日本一の魚屋さん
地産地消で地元に貢献する、地域密着の食料品店
目指すのは「大きな店」ではなく、自らの腕と目が「行き届いた店」
幸せな毎日をお肉でサポート!美味しいお肉の若き伝道師
活魚は仕入れた日が勝負!祇園で鍛えた腕で素材と向き合う
「わがままが言えるお弁当」に滲み出る、地域への思いやり

 1 2 3 4 5 6  
 
[2016年6月30日]
 
対象商品
笑顔と「ありがとう」の声があふれる店づくり
えぷろんフーズは、お客様と店員の会話が自然に始まるお店。いい商品が入ったら「入ったよ」と教えてあげたり、逆に調理方法をお客様から教えてもらったり。店員も「この人がいるからここに来よう」と思ってもらえるよう、明るく親切な接客を心掛けています。
そんなえぷろんフーズでは、お客様の声をきっかけに、数年前から「健康志向」の商品に力を入れ始めました。生産者と開発した「えぷろん」印の「無添加豆みそ」、徹底した安全管理のもとで出荷される成長ホルモン剤不使用の「プレミアムビーフ」、飼料にこだわり昔ながらの味を実現した卵、清流のほとりで育った水菜、無添加・無着色の魚の干物やソーセージなどなど。鮮度の高い生鮮食品から全国各地の隠れた名品まで、各部門長こだわりの逸品が揃っています。しかも「いいものを、よりお値打ちな価格で」との思いから、利潤をギリギリまで控えて販売しているのだとか。「お客様も生産者も、みんなが幸せになれるように」。店内に並んだ商品と値札は、そんなお店の願いを映し出しています。
「愛知県は製造業のイメージが強いですが、実はよい漁港を持ち、全国的に高い出荷額を誇る野菜の産地。そんな地元愛知や豊田から、土用丑に向けたウナギ、それにスイカや桃などが続々と入ってきていますよ」。おいしくて健康にも気を使ったえぷろんフーズの食材を、毎日の食卓にぜひ加えてみてください。
 

<前の記事次の記事>

店舗情報
「エプロンをつけたまま毎日通える、冷蔵庫がわりのお店」を目指し、豊田市内で4店舗を展開。2017年には5店舗目もオープン予定です。また、ネットで買い物ができる宅配ネット便や、おいしくて野菜たっぷり、しかも保存料・着色料無添加のお弁当を職場に届けてくれるランチ便など、消費者目線のうれしいサービスも好評です。  

 
店  名
えぷろんフーズ
店  主
店長:江口 幸生(現渋谷店店長)
住  所
豊田市宮上町3-39-3
電  話
0565-33-2248(代表)
ホームページ http://epron.co.jp/
 
Copyright 2007 toyota-oroshiuriishijou. All rights reserved.