ホームへ戻る 卸売市場のご紹介 市場って何?(小・中学生向け) 大将の役立ちレポート 旬の食材で簡単レシピ
とよたの地産地食 市場の利用者様へ 市場カレンダー 場長の日記 アクセスマップ
れたすん
探したいレポートのキーワードを入力して検索ボタンを押してください。
旨い魚=新三嶋寿司!そう思ってもらえる店が目標
自慢の揚げたてあつあつメンチカツ! 愛情たっぷりお肉&お惣菜店
季節の味覚を楽しむ「松茸ランチ」スタート!
笑顔と「ありがとう」の声があふれる店づくり
おいしくて安全な食卓を守る、日本一の魚屋さん
地産地消で地元に貢献する、地域密着の食料品店
目指すのは「大きな店」ではなく、自らの腕と目が「行き届いた店」
幸せな毎日をお肉でサポート!美味しいお肉の若き伝道師
活魚は仕入れた日が勝負!祇園で鍛えた腕で素材と向き合う
「わがままが言えるお弁当」に滲み出る、地域への思いやり

 1 2 3 4 5 6  
 
[2015年11月28日]
 
対象商品
おいしくて安全な食卓を守る、日本一の魚屋さん
冬の一押しは、期間限定「三陸塩竈 ひがしもの」のメバチマグロです。これは9月から12月にかけて三陸東沖で獲れたマグロのうち、「鮮度・色つや・脂のり・うまみ」に優れた文句なしの逸品だけが名乗ることのできるブランド。目利き人渾身の商品だけに卸し先も限られているのですが、取扱店の認定を受けたやまのぶでは、卸売市場を通してマグロ1本をまるまる仕入れて解体し、冬の鮮魚売り場を賑わせています。
やまのぶのスタッフは全員、安全な食材を手頃な価格で毎日の食卓に届けることに強いこだわりを持っています。たとえば、添加物を使わず水と塩だけで仕上げた煮タコや数の子。無着色のため色がくすんだように見えますが、これが本来の素材の色なのです。また、安全な商品を選んでいただけるよう「自然の味そのまんま」マーク(※)も採用しています。しかし原料から厳選された本当にいいモノは、製造者も種類も限られています。そのため日本中を訪ね歩き、理念を共有する生産者と協力して商品を企画・製造することもバイヤーの仕事のひとつとなっています。一方、店頭ではお客様の声を聞き、要望のあった商品を揃える努力も惜しみません。お客様のため、お客様とともに店をつくる。それを体現する、真面目で一途な地域密着店です。

※国産原料で添加物原則カット、衛生管理や味でも基準をクリアした、こだわりの味協同組合が認定するマーク。やまのぶも組合に加盟しています。
 

<前の記事次の記事>

店舗情報
豊田市内で展開する「スーパーやまのぶ」のこだわりは、不安なく食べられる「本当に安全な食」を一般家庭に届けること。有機野菜の自社ブランド「ごんべいの里」をはじめ、国産原料・無添加にこだわった品々が所狭しと並べられています。自慢の商品について説明する店頭のポップは、お店からお客様へのメッセージ。お買い物の際は、ぜひ足を止めてご覧になってください。  

 
店  名
スーパーやまのぶ梅坪店
店  主
鮮魚バイヤー:松下忠士
住  所
豊田市東梅坪町9-3-2(本社事務所)
電  話
0565-36-1249(本社事務所)
ホームページ http://www.yamanobu.co.jp/
 
Copyright 2007 toyota-oroshiuriishijou. All rights reserved.