ホームへ戻る 卸売市場のご紹介 市場って何?(小・中学生向け) 大将の役立ちレポート 旬の食材で簡単レシピ
とよたの地産地食 市場の利用者様へ 市場カレンダー 場長の日記 アクセスマップ
れたすん
探したいレポートのキーワードを入力して検索ボタンを押してください。
旨い魚=新三嶋寿司!そう思ってもらえる店が目標
自慢の揚げたてあつあつメンチカツ! 愛情たっぷりお肉&お惣菜店
季節の味覚を楽しむ「松茸ランチ」スタート!
笑顔と「ありがとう」の声があふれる店づくり
おいしくて安全な食卓を守る、日本一の魚屋さん
地産地消で地元に貢献する、地域密着の食料品店
目指すのは「大きな店」ではなく、自らの腕と目が「行き届いた店」
幸せな毎日をお肉でサポート!美味しいお肉の若き伝道師
活魚は仕入れた日が勝負!祇園で鍛えた腕で素材と向き合う
「わがままが言えるお弁当」に滲み出る、地域への思いやり

 1 2 3 4 5 6  
 
[2017年7月11日]
 
対象商品
旨い魚=新三嶋寿司!そう思ってもらえる店が目標
「これから美味しいのは、アナゴやイサキ、それにハモ」… 魚の名が次々と飛び出す和正さんは、新三嶋寿司の2代目です。そんな若大将の夏の一押しが「トキシラズ(時鮭)」。卵を持っていない分、身に脂がたっぷり乗った贅沢な夏のシャケですが、珍しい魚ゆえに出会えたらラッキーなのだとか。また魚に対する真摯な姿勢は初代からの伝統で、毎朝市場に出向いて情報交換をし、良い品を見定める努力を怠りません。「魚の荷下ろしなんかも手伝うので、珍しい魚が入ると教えてもらえるんです。たとえばオコゼ。煮物が一般的ですが、大ぶりのオコゼを刺身にするとフグのように淡白で美味しいですよ。三河湾は、そんな面白い魚も揚がる良質な漁場なんです」。そう語る若大将のこだわりは、食材のすべてに及びます。特に近郊野菜の豊富さと鮮度の良さに気づいてからは、地産地消も課題のひとつ。「採れたてのトウモロコシを蒸したときの香りは格別。ご家庭でも、野菜は買った日に湯がく・蒸すなど下拵えをしておくと、調理したときの味と風味が違いますよ」と教えてくれました。そんな地元の食材に一番馴染むのは、やはり地元ならではの味付けです。それならばと調味料も県内産を使い、三河の味がより一層美味しくなるように日々研究を重ねています。
加えて、お店の隠れた自慢はお酒の品揃え。全国から選りすぐった日本酒のほか、セラーにずらりと並ぶワインは和食に合う逸品ばかり。はにかみながら「やっぱり自分の好きなお酒を選んでしまいますね」と笑う若大将と、美味しい魚料理をつまみながら魚談義をしてみませんか? 楽しいひと時が過ごせること間違いなしですよ。
 

<前の記事

店舗情報
この場所に寿司屋を構えて40年、魚や野菜は鮮度を重視し、味醂や醤油など調味料にもこだわる本格派。ランチタイムには、選りすぐりの鮮魚を使ったお寿司が手軽な価格で楽しめます。また、ワインソムリエの資格を持つ若大将が選んだ上質なワインと日本酒の品揃えも自慢のひとつ。お友達との会食から宴会、法事まで、幅広くご利用いただけるお店です。 ■営業時間:11:30〜14:00/17:00〜22:00(lo21:30) ■定休日:水曜、第3火曜  

 
店  名
新三嶋寿司
店  主
若大将 成田 和正
住  所
豊田市田中町3-15-2
電  話
0565-27-6827
ホームページ
 
Copyright 2007 toyota-oroshiuriishijou. All rights reserved.