ホームへ戻る 卸売市場のご紹介 市場って何?(小・中学生向け) 大将の役立ちレポート 旬の食材で簡単レシピ
とよたの地産地食 市場の利用者様へ 市場カレンダー 場長の日記 アクセスマップ
れたすん
探したいレポートのキーワードを入力して検索ボタンを押してください。
旨い魚=新三嶋寿司!そう思ってもらえる店が目標
自慢の揚げたてあつあつメンチカツ! 愛情たっぷりお肉&お惣菜店
季節の味覚を楽しむ「松茸ランチ」スタート!
笑顔と「ありがとう」の声があふれる店づくり
おいしくて安全な食卓を守る、日本一の魚屋さん
地産地消で地元に貢献する、地域密着の食料品店
目指すのは「大きな店」ではなく、自らの腕と目が「行き届いた店」
幸せな毎日をお肉でサポート!美味しいお肉の若き伝道師
活魚は仕入れた日が勝負!祇園で鍛えた腕で素材と向き合う
「わがままが言えるお弁当」に滲み出る、地域への思いやり

 1 2 3 4 5 6  
 
[2016年10月27日]
 
対象商品
季節の味覚を楽しむ「松茸ランチ」スタート!
秋が深まるこの時期は、秋の味覚「松茸」をぜいたくに使った「松茸ランチ」が人気を呼びます。献立を担う二代目大将・宮本博道さんのこだわりのひとつは、旬の食材を使い、見た目と味で季節を感じてもらうこと。そしてもうひとつは、鮮度のよいものを選び、手をかけ過ぎずに素材の持ち味を引き出すこと。また懐石などのコースでは、前菜から椀もの、刺身、焼き物…と料理のつながりを意識しながら期待を高め、最後はさっぱりしたもので一息ついていただく。そんなストーリーを組み立てながら調理を行っています。
サラリーマン生活を経てホテルで日本料理の修行をした宮本さんは、ヴァチカンの日本大使館で4年間、現地のゲストを相手に腕を振るった経験を持っています。結婚3日目に突然赴任が決まり、イタリアでは言葉が通じない中で試行錯誤を重ねてきました。日本と同じ食材が手に入らず苦労もしたそうですが、素材にこだわる宮本さんの姿勢を市場の人も理解してくれ、いい品が入ると取っておいてくれるようになったのだとか。イタリアでの経験は、ハムやチーズをアレンジした献立などちょっとした遊び心として、メニューの中に生きています。
そんな国際派の宮本さんですが、室町時代から続く「大草覚真流 庖刀儀式」を受け継ぐ一人でもあります。これは庖丁捌きの技法のひとつで、食材に手を触れず調理をするというもの。10月には店の40周年を記念して「大草覚真流奉祷庖刀式と懐石の饗宴」を開催し、満員御礼の大盛況となりました。
 

<前の記事次の記事>

店舗情報
本格派お寿司と日本料理を組み合わせた懐石料理が人気の「だる磨きらら亭」は、2016年に40周年を迎えました。お寿司やさんとしてスタートし、今ではちょっとした披露宴もできる大広間を備えた日本料理店に。これからも世の中のニーズに応えつつ、地元の皆様に「おいしいね」と言っていただける店を目指しています。 ※定休日:毎週水曜日 ※駐車場30台、送迎、出前あり。アレルギー対応可。  

 
店  名
だる磨きらら亭
店  主
宮本博道
住  所
豊田市永覚町上長根35-6
電  話
0120-28-5366
ホームページ http://www.sushi-japan.or.jp/aichi/darumaei/
 
Copyright 2007 toyota-oroshiuriishijou. All rights reserved.